20181022_japan

こんにちは、エノキンです。
今週の日本市場は大きく下落しました。その要因、今後の行方に関しては各ニュース等に譲るとして、エノキン銘柄の結果報告となります。


1.日本株確定損益

今週の確定損益は-154,862円となりました。
任天堂株に関しては半ば感覚でトレードしてしまった反省があり、結果損失につながったのかなと思います。
20181022_japan_2


もうすぐ決算発表だし業績もいいから上がるだろう→買っちゃえ!

10月22日の時点で下落の恐怖に耐えられず、決算発表も待たず損切りをしています。
しかし10月26日時点での株価はとなっており、このまま保有していたらさらに-60万円の含み損を抱えていたことになりますので早めの損切りは重要ですね。

2.含み損益

今週の日経平均は週間で約1,200円下落しました。
エノキンの含み損益も-839,749円となり大きく含み損を増やしています。
中小型銘柄を保有しており、値動きが大きかったです。
20181022_japan_1

幸い、今の時期は信用取引をしていない、また投資額を抑えて現金を厚くしていますので致命的とはなっていません。

また以前は含み損が-1500万円まで膨らみ仕事も手につかず精神的に危ない状況もありましたので・・・その当時と比べると全然耐えられる状態です。

精神的に強くなったな・・・とプラスに考えていますが、保有銘柄もこのまま放置せず、以下基準で保有、売却を決める考えです。

◆個別銘柄の四半期決算を確認

 決算内容が満足 → このまま保有

 決算内容が不満足 → 売却

不満足とは売上高、利益が前年比マイナス、またはアナリスト予想を下回ることです。


来週も報告していきます!